前へ
次へ

お札の葬儀マナーのポイント

香典において活用するお札は新札を用いないという葬儀マナーがありま。
訃報はいきなり訪れるものとなります。
その結果お通夜にもっていく香典も、予め取り揃えられるものではありません。
新札を使用すると、あたかも香典のことを考えて新札を予め準備していたように受け止めることができてしまうことから、香典には葬儀マナー的に似つかわしくないとされてします。
しかしながら、近頃ではお金をATMから出すと、新札が出るケースもあります。
この理由によって新札を活用してもマナー違反でないという印象もあるとのことですが、気がかりなときにはお札に意識的に折り目をつけると賢明です。
非常に古いお札でも敬意がないこととなるため、非常に古いお札にすることは不必要です。
それから、お札にあたっては、香典袋に入れる向きにもいろいろな説が見て取れます。
それに対しはっきりした説はないため、拘りを持つことは必要ないでしょう。
ただし、最低限度向きは揃えるというようなことは注意しておくとよいでしょう。

Page Top