前へ
次へ

葬儀マナーと告別式の違い

細かく言うと、葬儀マナーは葬儀と告別式で異なります。
最近は一度に済ませることが多くて混同されがちですが、葬儀というのは遺族など近しい人々が故人を送るための儀式であり、告別式はその他知人友人たちのための別れの式です。
つまり、一般的な葬儀マナーというのは告別式でのことを指します。
焼香の手順や献花の手順、遺族への声のかけ方など、常識の範囲で押さえておきましょう。
焼香は宗派によって回数が違ったり、額に掲げるか掲げないかなどの差もあります。
自分の家の宗派はもちろんですが、参列する家の宗派も調べておくとあわてなくて済むでしょう。
数珠も宗派によって異なりますが、スタンダードなものを一つ持っておくといつでも使って良いことになっているようです。
また機会は少ないかもしれませんが、キリスト教式のお葬式や神式のお葬式の葬儀マナーももちろんあります。
参列する場合には、玉串のあつかいかたや献花の仕方などをざっと調べておくのがいいでしょう。

Page Top