前へ
次へ

葬儀マナーを確認してから葬儀へ

突然、大切な人を失ってしまうことがあるのですが、ただ悲しんでばかりはいられません。
葬儀に出る際には、きちんとした格好で行くことはもちろんですが他にもさまざまな葬儀マナーがあるので事前に確認しておきましょう。
自分はマナーくらいわかっていると自信を持っている人もいるかもしれませんが、実際に行ってみると間違ったマナーを行なっていることがあるかもしれません。
大切な人との最期の時ですし、マナー違反にならないようにしましょう。
喪服を着ていけばそれだけで良いと言うわけではありません。
女性の場合はアクセサリーを身につけて良いのか困ることがあるでしょう。
真珠だけはアクセサリーとして身につけても良いので、葬儀に出るときにはあまり派手な感じにならないように真珠の一連ネックレスやイヤリングなどだけにしておきましょう。
結婚指輪を身につけて行くことはもちろん問題ありませんので、普段から身につけている人はそのまま出席しても大丈夫です。
お焼香を行う際には、どうやって行うのかを周りを見て確認しておくと良いです。
3回行うものだと思い込んでしまう人もいますが、宗派などによっても回数が違いますので、他の人と同じ回数だけお焼香すれば間違わずに済みます。
数珠を持っている場合は、数珠を左手に持ってお焼香します。
大抵の場合は最初にお焼香することはないでしょうから、他の人の真似をすることが一番です。
意外と1回だけで良いこともあります。

遠方にお住いの方も埼玉のわんぱくお掃除隊へ
直接来るのが大変という方に私たちが代行して遺品整理を行います

横浜市の葬儀なら 口コミで1位!家族葬、格安の葬儀をご希望なら株式会社花葬まで

この他にも香典のことやお悔やみの挨拶など困ることが多々あるはずです。
知っているようで間違っていることもありますし、家族に聞いても知らないこともあるはずです。
大切な人との最期の場所だからこそ、葬儀マナーを間違えないようにしたいとは思いませんか。
大人であっても間違うことは珍しくありません。
服装だけ気をつけるのではなく、その他のことまできめ細かく葬儀マナーを調べて、故人や遺族に対して失礼なことのないようにしましょう。

Page Top