前へ
次へ

香典の額の相場と葬儀マナー

どの程度の額を香典という形で持参すれば葬儀マナー的に一番いい選択なのかは、故人及び参列者の関係により違いがあります。
一般的相場からすれば、親においては5~10万円くらい、親戚に関しては1~5万円くらいとされています。
額面に幅があるのは、故人及び参列者の関係がどれだけ深かったかによって額面が変わるからです。
上司や友人だと1万円、親しくなければ5000円の形になります。
仮に、相手方の親族からもうすでに香典をもらったことがあれば、その時の額面を鑑みて決めるのも賢明といえます。
香典の起こりには、いきなりの葬儀が元となる出費で困難で扶助する意味合いが見られますが、そうかといってたくさんあれば望ましいというものでもありません。
高い金額の香典を何も考えずに持参すると、またいつの日か香典を持参した方側に葬儀があったというようなケースで、ほぼ同じの香典を返す必要があり苦労します。
ですから、葬儀マナーを理解し決定することが大切です。

Page Top